すい蔵がんの症状や治療や予防に専門医の治療を受けよう

病院について

クレイアート お見舞い

細胞にはアポトーシスといって、古くなったり悪くなりそうなときに自分で細胞が死ぬというプログラムが仕込まれています。
しかし、がんになるとこのアポトーシスというプログラムが上手く働かず、悪くなった細胞が増殖することで病気となります。
がん細胞は正常な細胞を侵しながら増殖を繰り返すことで、発生した臓器の機能を弱めていきます。
なぜなら、がん細胞は異常な細胞なので正常な働きをしなくなるためです。
具体的には、肝臓が侵された場合、肝臓が持つ解毒作用や代謝機能が正常に働かなくなります。
そのため、体がだるくなるといった症状がでたり、肝臓が機能しないために生じるあらゆる合併症が生じます。
また、異常な細胞が増殖することで、物理的に他の臓器を圧迫するなどの障害も起こります。

このようながんを食い止めるために、病院では様々な治療が行われています。
例えば、異常な細胞が発生しているのが胃の一部のときには、がんが発生しているところだけを取り除く手術療法や、内視鏡的粘膜剥離術などが行われます。
このとき、病気の進行度によってその術式が変わるので、手術を受ける際には自分の病気がどの程度進行しているか聞いておくと良いです。
一方、手術では取り除くことができないほど、他の臓器に転移を起こしている場合などには、化学療法が行われます。
これは薬剤を使用することによって、腫瘍を小さくしたり、働きを弱めたりする効果を発揮します。
また、放射線がよく効くがんに対しては放射線療法が行われます。
このように状況に合わせて様々な治療がされています。