すい蔵がんの症状や治療や予防に専門医の治療を受けよう

消化器官について

画面で指示する

一般的に、人間は年齢を重ねるごとに体が老化することで、病気にかかりやすくなります。
しかし、若いからといって病気にかからないわけではありません。
すべてのライフステージにおいて病気にかかる可能性はあり、がんでも同様のことが言えます。
例えば、小児に多いがんが白血病です。
がんは異常な細胞が増殖を繰り返すことによって進行していく病気のため、新陳代謝が活発な小児は進行が早いです。
また、5歳未満の小児に好発する神経芽細胞種や、ウィルムス腫瘍といった小児がかかりやすいものもあります。
一方、小児だけではなく20代や30代の働き盛りの人も、喫煙や生活習慣、遺伝要因などによって、がんにおかされる人もいます。
このように小児や青年期でも病気になる可能性があります。

このような病気で命を落とさないためには、異常を見つけた際、すぐに病院を受診することが重要です。
特に小児は自覚症状があっても上手く伝えることができないので、親による観察が必要となってきます。
例えば、お腹にできものができていたり、よく泣くようになったなど、今までとは何か違うと感じたときにはすぐに病院へ連れて行くことが大切です。
なぜなら、進行が早い小児だからこそ、早めの対処が求められるからです。
一方、青年期のがんを早期に発見するためには、職場や学校の健康診断を活用することも大切です。
症状がある場合にはもちろん受診が必要ですが、健康診断で異常を指摘された場合必ず病院で再検査を受けることが、がんを早期発見するために必要です。